Profile


HOME > profile

現代の触感 ギャラリーイセヨシ2002


素材との会話(コミュニケーション)       尾崎眞人(平塚市美術館学芸員)
          _______________________________________________________________
作家との会話のなかで『石が好きになった』という意味の言葉を訊いた。話をしていて、作家の言葉の理由が、石を抱いたからだと思えてならなかった。 作家は魚などの具象形態も作品にしていたし、かつてはバランスや空間の問題ををテーマに個々も試みたりもしている。一方では1996年に『触覚/モジュール』と題した一連の作品を展開している。この作品は、作家の身体の一部をスケール(ものさし)にしたところに、意味がある作品であった。単なる目測としてのスケール(ものさし)ではなく、身体の重量を可視化したスケール(ものさし)であったり、押し付けられた二の腕や足の圧迫感を可視化したスケール(ものさし)であった。しかも作者にとっての問題は、ただ重量にあったわけではない。タイトルの『触覚』の結果としての『窪み/受け皿』ということが問題となった。それは作品のもつ『窪み/受け皿』が、殊更身体性を意識させる形態に誇張されてはいないからである。この『窪み/受け皿』の意味は、作者にとってどのような意味があるのだろうか。 思うに『触覚』の残像ならぬ『残覚』が形成させる形態である。そこには工芸とは異なる『受ける』という立体の新たな空間意識が展開されているのではないだろうか。
あえて言えば水を張った『窪み/受け皿』に空間があるのではなく、その上に『仮想空間』の存在があることをも、吉村サカオの作品は見る者に与えてくれる。

________________________________________________________________
現代の触感   In touch with the present 2002 GALLERY ISEYOSHI






プロフィール                               
_______________________________________
1956  東京都品川区生まれ                           
1982  多摩美術大学卒業                         
1984  多摩美術大学大学院修了  
     第9回神戸須磨離宮公園現代彫刻展エスキース                   
    『個展』アートギャラリー環(日本橋室町)                  
1985  遊べる彫刻展(横浜市民ギャラリー)/横浜大通り公園野外彫刻展      
1986  『光と水』ギャラリースペース21(新橋)/青山一番街サンライズ彫刻展(青山一丁目)
     第71回二科展<特選>以後1989年まで(東京都美術館)  
     EXE彫刻展 以後1990年まで(代々木アートギャラリー)
     芝浦アートフェスティバル『PARTY-1』東芝本社ビル                  
1987  青山ビル彫刻展(青山一丁目)      
1988  『個展』ギャラリー山口(銀座)                  
1989  光のオブジェ 京二画廊(京橋)                      
     わんぱく王国彫刻展(船橋)                 
1990  『個展』京二画廊(京橋)                         
    『PARTY-5』東芝本社ビル                      
1991  風の造形展(墨田リバーサイドギャラリー)                        
1993  『個展』ART BOX(たまプラーザ)            
1994  第6回現代日本具象彫刻展(千葉県立美術館)                   
1996  『個展』ART BOX(たまプラーザ)          
1997  Truss97 ギャラリーイセヨシ(銀座)   
1998  甲府まちなかの彫刻展(佳作)
     Truss98 ギャラリーイセヨシ(銀座)                  
1999  魅せられし素材展 ギャラリーフレスカ(新宿百人町)  
     イセヨシアニュアル『石』ギャラリーイセヨシ(銀座)           
2000  魅せられし素材展 ー 新宿•三島•水戸            
    『個展』アートギャラリー環(銀座)                 
    『個展』ギャラリーイセヨシ(銀座)         
2001  Plow か・た・ち NC artギャラリー(京橋)                   
     風士・おもてなし・CHA CHA CHA ギャラリー403(銀座)
     『個展』NC artギャラリー(京橋)    
2002  『個展』現代の触覚 ギャラリーイセヨシ(銀座)                    
     『個展』ギャラリーニレイ(溝口)
2003  倉敷まちかどの彫刻展エスキース                      
     Kame+3展 ギャラリーバルコ(亀有)                
2004  茶事を通じてのアートCHA CHA CHA ギャルリーワッツ(南青山)           
     CHA CHA遊び ギャラリーニレイ(溝口)            
     夏の新宿大茶会(西新宿パークタワーOZONE)                   
2005  キッコーマン亀づくし キッコーマンKCCギャラリー(西新橋)
    『刻の光』潘微(書)吉村サカオ(石)a/h studio(自由が丘)       
2006  茶事を通じてのアートCHA CHA CHA  ギャルリーワッツ(南青山)        
     花•楽・茶 ギャラリー花よろず(目白)           
     かお・いろいろなかお a/h studio(自由が丘)
2007  五刻豊穣 Gallery銀座一丁目       
     彫刻Gallery selection2007  Gallery銀座一丁目   
2008  『個展』起源回帰 ギャラリー403(銀座)               
     あーとde CHA CHA CHA  つきじtassぎゃらりー若松屋        
     かたち展 ギャラリー健(中浦和)
     『サカオ ト タカコ』 ギャラリージ・アース(鎌倉)                
2009   至福之刻 ギャラリー403(銀座)              
     非売品展 ギャラリースペース游(相模原)                
2010  『個展』石•音•感  ギャラリー健(中浦和)                
2011  『個展』起源回帰 小松石のカタチ  ギャラリー403(銀座)           
2012   西さがみ美術交流展 小田原市民会館(小田原)
     『サカオ ト タカコ』 ギャルリ梦心坊(市原)
2013  『個展』手の中の宇宙 ギャラリー403(銀座)
     韓日交流展(韓国清州)
     『サカオ ト タカコ』タイホウ建設ショールーム(品川区二葉3)
2014  『静寂と微笑み』吉村サカオ・吉村貴子彫刻展  古民家ギャラリーWEARCH(姫路市網干区)
2015    『個展』サカオ カオス   OギャラリーUP・S(銀座)
2016    『流動体』川越三郎・吉村サカオ彫刻展 ギャラリー403(銀座)

_____________________________________________________________
パブリックコレクション
_________________________________________
市原市 ・ 山梨県鰍沢町大法師公園 ・ 荒川区日暮里南公園 ・ 東大和市清水神社 ・
足立区梅田堀親水緑道 ・ 籠原駅南口アゴラ噴水モニュメント ・ 亀有駅南口バスロータリー
上越市高田教会 ・ 日暮里リーデンスタワー ・ 立川アートアベニュー・ 朝霞 冨善寺 ・ 
鳴子ホテル天神 ・ さいたま新都心ブリランテ武蔵野 ・ イニシア南千住 ・ プラウド柏ディアージュ 
プラウド浦和岸町6丁目 ・ プラウド浦和仲町4丁目 ・ プラウド浦和仲町3丁目 ・ 
南千住ミッドガーデンシティ ・ パークアクシス駒込 ・ 銀座 健康院クリニック
アリア恵比寿 ・ 新豊洲SKYZ  ・ 世田谷千歳台ガーデン&レジデンス ・ 志木
品川区二葉/上神明天祖神社 、